お知らせ

トップページ > お知らせ > 和食セミナー

お知らせ

和食セミナー

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」 

先日イケショク本社に、「懐食 田しろ」の田代眞悟先生にお越し頂き
"和食セミナー"のご講演を頂きました。
職人として歩まれたこれまでの貴重なお話と、和食についての深い思いを、
親しみこめたトークでじっくり聞かせてくださいました。

講演会1.jpg
田代眞悟先生


「料理人になれば食べるものに困らないぞ」
兄に言われたことがこの世界に入ったきっかけでした

と、当時ご兄弟が多くて貧乏だったため
「ご飯が食べられる」ことへの強い思いのみで料理人になったお話をしてくださいました


和食セミナーと題されていたため、和食についてのお話かと思っていましたが、
実際には、仕事をする上で大切にしている考え方、部下の叱り方等
その道を極めた方は、仕事はもちろんですが、
心の在り方が素晴らしいと感じさせて頂けるお話でした



田代社長講演会.jpg
セミナーの様子と和やかな質疑応答、、沢山の質問がありました


辿られた料理人としての人生や思いを聞かせて頂いた後はいよいよ
流石!と思わせるお話の数々!


和食の「五味」「五色」「五法」

五味 「甘・酸・辛・苦・鹹」の5つの味覚   
                                ※鹹(かん)は塩辛い味
五色 「白・黄・赤・青・黒」             
五法 「生・煮る・焼く・揚げる・蒸す」調理法 
※もともとは中国の陰陽五行説よりきているようです。和食は、この定式にしたがって作られるのが基本です。
 
お料理は勿論、器、盛付け、調度品から
料理人の全神経が配られ最高のおもてなしがなされます
眼で味わう、という言葉もあります。
五感をフルに使って味わう食の世界、本当に素晴らしいです




日を改めて、商品開発のレクチャーもして頂きました

開発室にて田代先生レクチャー.jpg

料理を極められた先生のお話、アドバイスに聞き入るイケショクメンバー




仕事の話で最初に言われた

「誠心誠意人に尽くす」

これが、田代先生のお心そのものだと思いました
部下を叱る時も、誰もいないところで叱る等
人の心を思いやる精神に溢れていらっしゃいました

沢山のお弟子さんに慕われ、有名なお店を次々と任され、料理人としての経験を
幾重も重ねられ、還暦を迎えた2002年に
料理人生の集大成として、『懐食 田しろ』を開かれました

是非、食べさせて頂きたい、セミナーの最高の感想だと思います




田代眞悟先生が紹介されている
酒造メーカーのサイト
田代眞悟の「ひともじのぐるぐる」
素敵な笑顔と先生の料理への想いが紹介されています




編集後記
「懐食 田しろ」是非大切な人と行ってみたいです
           ノンチャン








お知らせ | 2014年12月12日
このページの先頭へ戻る▲