お知らせ

トップページ > お知らせ > 「太平燕(タイピーエン)」発祥の店「中華園」82年の歴史に幕を下ろす

お知らせ

「太平燕(タイピーエン)」発祥の店「中華園」82年の歴史に幕を下ろす

熊本市中心部で約42年間営業してきた「県民百貨店」が28日閉店しました

県民百貨店閉店.JPG


『テナントとして入っていた、春雨を使った熊本の郷土料理「太平燕(タイピーエン)」
発祥の店「中華園」も、82年の歴史に幕を下ろした。
午後1時半に客が 900人に達し、材料がなくなり、予定を繰り上げて店を閉めた。
「親子3代お世話になりました」と書いたカード付きの花束を持ってくる常連客も。
社長の趙 健次さん(73)は「2時間待ったお客さんも『ありがとう』と言ってくれる。
こんなにすばらしいフィナーレはない」。』

(画像・記事:YAHOO!ニュースより抜粋)



中華園様.JPG
県民百貨店にある中華園と現社長の趙健次さん

(画像:YAHOO!ニュースより引用)




1933(昭和8)年、中央区花畑町付近で開店

中華園の太平燕は鶏を数時間煮込んだ透き通ったスープに

春雨、白菜、エビ、煮卵などが入ったヘルシーな料理


慶餘さんが故郷の福建省でお祝いの時などに出される

家庭料理をアレンジしたのが始まりといい、

健次さんは「父の故郷への思いと、熊本の恵まれた水からできた料理」と話す。


慶餘さんは16歳で来日し、旧植木町(熊本市北区)出身の渡辺朝子さんと結婚、

2年後に中華園を開業した。

店は繁盛したが、熊本大空襲などで2度焼け、

中央区上通に移転後も53年の大水害で

1階が水没するなどの困難を乗り越えた。

健次さんは毎日、父親が作る料理を食べて自然に味を覚えた。

済々黌高を卒業後、中国に発電所を作りたいとの夢から

東京の大学で電気工学を学んだが、

中国籍であることを理由に企業への就職を断られ、帰郷。

熊本で生きることを決意し、父と厨房(ちゅうぼう)に立って腕を磨いた。


(記事:YAHOO!ニュースより抜粋)




愛される美味しさに隠された、お父様の故郷への思いと

健次さんの人生の様々な苦難


それらが、このお店に全て最期は美味しさへと形を変えて

熊本のソールフードとして愛されるまでになっていったのだなぁ

と、感慨深い思いです


今年は終戦70年、何か思いがリンクしました



長い間ご苦労様でした


お知らせ | 2015年3月 2日
このページの先頭へ戻る▲