くまもと「食」の大地 親善大使より

くまもと「食」の大地 親善大使より

新年明けましておめでとうございます

 
 
 
 
新年明けましておめでとうございます。
 
 
 
今年の干支の鳥に合わせた訳ではないのですが、
 
昨年末に熊本県産の赤鶏を使用した
 
「熊本城 復興祈念カレー」を新発売しました。
 
 
 
これは、昨年の熊本地震により甚大な被害を受けた
 
熊本城の復興を支援しようと企図したものです。
 
カレー1個当たり50円を熊本市に寄付するという趣旨に
 
多くのお取引先から賛同いただき
 
拡販に努力していただいています。
 
 
 
熊本城の復旧には20年の歳月と
 
約634億円の費用がかかる
 
という試算がありますが、
 
支援の輪が全国に広がることを祈っています。
 
 
そしてその第1回目の寄付として
 
弊社から50万円を熊本市に寄付いたしました。
 
 
 
昨年の地震では弊社も被害を受けたとはいえ、
 
比較的早く生産活動に復帰できたのは
 
ありがたいことでした
 
また、県外から多くの復興支援のご注文をいただき、
 
日本人の優しさを実感いたしました。
 
そうした事情の下で地震に襲われた故郷に
 
貢献したいと思ってきました。
 
 
 
地域の企業は地域から多くの恩恵を受けており、
 
地域と運命共同体的な性格を持っているからです。
 
そこでさらに寄付先の一つに
 
「熊本國際民藝館」を選び、
 
井上泰秋館長に100万円お渡しいたしました。
 
 
 
井上様は熊本が誇る伝統的な焼き物
 
「小代焼」の陶芸家でもあり、
 
私とも旧交のある方です。
 
柳宗悦氏の民藝運動の流れを汲む
 
「熊本國際民藝館」の
 
地震被害が大きかったことに鑑み、
 
その復興の一助になればと寄付を考えたのです。
 
 
 
 
形あるものは必ず形を崩すと思っていますが、
 
崩れる中から新しいものが
 
創造されることもよくあることです。
 
ただ一番怖いことは、人の心が荒ぶことかも知れません。
 
そうした世であっても、
 
美味しい物を食べると人間は幸せになれます。
 
弊社は今年も美味しい物を作り出すことに
 
喜びを見出しでいく所存です。
 
 
 
皆様にとりまして、新年が良き年になりますよう
 
祈っています
 
 
 
 
読んで頂き有難うございました 
 
このページの先頭へ戻る▲