くまもと「食」の大地 親善大使より

くまもと「食」の大地 親善大使より

今年の桜

 
4月に入ってからの桜の開花宣言は
 
熊本では19年ぶりの遅さでした
 
 
一年前の熊本地震で
 
大きな被害を受けた熊本城ですが
 
御幸坂の桜並木が期間限定で解放されました
 
 
お城の桜が再び咲くことが
 
地震の被害から日常に戻る証だとして
 
市民は開花を心待ちにしていたのです
 
 
 一方、4月と言えば新学期のスタート
 
会社では入社式が行われます
 
弊社は小さい会社ですので
 
社員のほとんどが中途採用です
 
今年に入ってからは生産と経理の専門家が
 
入社してくれました
 
彼らも自然に職場に慣れてくれると思っています
 
 
 新製品の発売はいつも
 
季節を先取りしたいと思っていますが
 
その時期を決めるのはいつも一苦労です。
 
お客様の展示会や棚替えのタイミングを
 
捉える必要があるからです。
 
 
 
 
 
街は復興のイベントや
 
休業していたモールの再開等で
 
賑わいが戻ってきていますが
 
一歩被害の重大な地域に踏み込めば
 
そこではリアルな痛みを感じます
 
 
そんな熊本への温かい応援や
 
支援していただいている事を
 
いつも感じています
 
これからも感謝の気持ちを忘れず
 
社会、地域に貢献できるよう
 
頑張りたいと思います
 
今後ともどうぞよろしくお願いいたします
 
 
 
 
読んで頂き有難うございました 
 

このページの先頭へ戻る▲