くまもと「食」の大地 親善大使より

トップページ > くまもと「食」の大地 親善大使より > 新年明けましておめでとうございます

くまもと「食」の大地 親善大使より

新年明けましておめでとうございます

110707.jpg
 
本年は弊社の創業55周年に当たります。
 
改めて、今日まで弊社を
生かしていただいたご恩に感謝し
60周年に向けて力強い一歩を踏み出したいと
思いを新たにしています。
 
そこで本年度の経営方針の第一を
「社員とお客様をハッピーにする」
としました。
 
全員参加型の経営にして
社会貢献活動を積極的に推進し
地域になくてはならない企業になるよう
努力する所存です。
 
 
 
 
ところで本年の干支は
戊戌(つちのえのいぬ)です。
 
易では「茂る」という意味がありますが、
茂り過ぎると災いがあると言われています。
 
これを明治の文豪幸田露伴は
「木の五衰(ごすい)」
として説明しています。
 
木が葉を茂らせ過ぎると風通しが悪くなり
「懐(ふところ)の蒸れ」が発生する。
「蒸れ」ると根が水を吸い上げなくなり
「裾(すそ)上がり」となる。
 
次に梢から枯れ始める
「末(うら)枯れ」となり、
梢の成長が止まる
「末(うら)止まり」と続いていく。
 
そうなると虫がはびこって
木は最終段階の「虫食い」
となるというのです。
 
この「木の五衰」を防ぐには、
木を剪定することが大事という訳です。
 
 
会社も成長を志向するあまりに、
不採算事業が増えて会社が傾く
ということがままあります
 
その時こそ、事業や商品の
選択と集中を断行して膿を
早く出さなければならない
ということではないでしょうか。
 
 
成長の前に、生存を確かにする一年に
したいと思っています。
 
 
 
読んで頂き有難うございました 
 

 
このページの先頭へ戻る▲