くまもと「食」の大地 親善大使より

くまもと「食」の大地 親善大使より

「肥後の赤・薩摩の黒」と、ウィズ・コロナ

kumamotonoakan.jpg
 
先日、熊本県の担当課長が来社され、
県が推進しているブランド
「くまもとの赤」が国内はもとより、
アジアでも知られつつある
という嬉しい話をされました。
 
 
かつて私が「肥後の赤・薩摩の黒」という
キャンペーンを張り、熊本・鹿児島両県の
食文化の発展を願った甲斐があったというものです。
 
3_20917_118305_up_U8I80USO.jpg
熊本県のホームページより
(https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_20917.html)
 
 
 
 
今年は新型コロナの感染拡大により、
オリンピック・パラリンピックの延期を始め、
世界経済は大きな逆風に見舞われ、
その傷は癒えないどころか今持って
出口が見えない状況にあります。
 
ウィズ・コロナ、アフター・コロナ
と言うものの、「言うは安く行うは難し」と
多くの人が同じ思いにあるに違いありません。
 
かくいう私も2月以来、歓楽街には
一切足を向けない日が続いています。
 
知り合いの店や働く人を思い浮かべることは
再三あるのですが、
今できることがないというのが悲しい実態です。
 
 
疫病退散のアマビエをデザインした
キーホルダーを作り熊本市に寄贈したり、
同じく太平燕を発売したりしたのが
せめてもの社会貢献と言えるでしょうか。
 
改めて、県からいただいた親善大使として
何ができるか自問自答している今日この頃です。
 
最後になりますが、
皆様がくれぐれもご自愛され、
コロナに打ち勝ってほしいと祈念しています。
 
 
 

 
このページの先頭へ戻る▲