くまもと「食」の大地 親善大使より

トップページ > くまもと「食」の大地 親善大使より

くまもと「食」の大地 親善大使より

世界無形文化遺産「和食」

2014年に和食が世界無形文化遺産に登録されて、
早1年が過ぎようとしています。
 
 
 
 
日本人として誇りに思った出来事でしたが、
遺産登録に尽力された立役者の一人である
熊倉功夫さんの講演を聞いてゾッとしたことがあります。
 
それは、日本において伝統的な食文化が崩壊の危機にあるという話でした。
 
 
 とりわけ、味噌汁は絶滅危惧品種だというのです。
 
 
確かに、女性の社会進出によって食の簡便化が進んできました。
 
食の市場としては、外食と中食市場が大幅に伸長し、
巨大な産業に育ってきました。
 
忙しいお母さんは、出勤前に時間をかけて
日本の伝統食を作る時間は限られています。
 
お弁当向けの冷凍食品が増えていることからもそれは明らかです。
 
 
 
 
孫の食事態度を見ていると、暖かい具たくさんの味噌汁を、
もったいないことに食べ残すことがよくあります。
 
佃煮にいたっては、最初から食べようとしないのは、
幼児の時から洋食化に慣らされた舌のせいとしか思えません。
 
佃煮メーカーを経営している身としては、
考えさせられる若者の傾向です。
 
 
 
その熊倉功夫さんの講演で、面白い話を聞くことができました。
 
一汁三菜という形式は、平安時代にはすでに確立していたそうですが、
その汁もので使う具には上質の順番があるというのです。
 
そのベスト3は、①鶴 ②白鳥 ③雁です。
 
戦国武将であった織田信長か徳川家康かが、
 
「鶴を二羽贈ってくれたありがたい」
 
との手紙を書いているのを見たことがあります。
 
 
つまり、その頃から鶴の肉は貴重なものだったのでしょう。
 
 
 
ところで、現代では
鶴の肉を手に入れて食することは不可能なんだそうです。
 
それは、鶴が保護鳥であり、
万一交通事故にあってもその鶴は死亡原因の分析のために、
一般人には手に入らないからのようです。
 
 
まことに、和食は奥深い文化なのです。
 
 
 
 
 
 
 
読んで頂き有難うございました 
 

我が故郷は緑なりき

 
私の住む熊本県は、世界農業遺産に選定された阿蘇山、
 
国立公園に指定されている天草など
 
山から海まで大自然に恵まれた地域です。
 
 
今年の初夏に訪れた天草で撮影
 
 
 
 
平安時代には、火の国転じて肥の国とよばれ、そのエリアは
 
肥後と肥前に渡る広大かつ肥沃な大地でした。
 
 
ですから、平安末期には、平清盛が肥の国の国司になるなど
 
中央政権にも馴染みのある地域だったのです。
 
 
熊本県の中でも、歴史的に特異な地域が人吉球磨地方になります。
 
というのは、鎌倉幕府が成立した際に
 
この地方に統治のために送り込まれたのが
 
源頼朝の御家人であった相良氏であり
 
明治維新までこの地方のお殿様であり続けたのです。
 
 
因みに、こうした歴史を刻んだ一族は
 
全国でも薩摩の島津氏、仙台の伊達氏を数えるだけなのです。
 
 
 
 
 この地方に流れる大河・球磨川の源流近くに水上村があり
 
週末家族と共に農家民泊してきました
 
周りは山また山、従って村民は極めて長閑な人達です
 
 
そこで出される料理は、今までの例として、天然の鰻、鮎、ヤマメ、
 
鹿肉、猪肉、採りたての卵などジビエ料理と言って良いものばかりです。
 
 
 
 
 
そうした魚や動物が日常生活の間近で手に入るというのですから
 
都会の人間としては感激します
 
 
そういえば、素麺流しは庭の竹を割いて樋を作り
 
これまた青竹の茶碗と箸で素麺を食べるのですから、もうたまりません
 
そういう宿ですから、森で拾って来たという鹿の頭の骨も恐ろしいというよりは
 
しっくりと周りの雰囲気に溶け込んでいます
 
 
 
 
アメリカの高名な女流画家である
ジョージア・オキーフの牛の頭の骨の絵をすぐに思い出しました。
 
 
 
 
 
帰り際には、5年連続となる来年のお盆休みの予約をしておきました。
 
私ども一家は、この地区で行われる村祭りの常連となっているのです。
 
我が故郷は緑なりき、なのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
読んで頂き有難うございました 
 

熊本県調理師会会長 田代さん

 

一昨年に熊本県の蒲島知事より、県の
 
「くまもと「食」の大地親善大使」に
 
任命されたのは、私を含めて8人でした。
 
8人それぞれが業界を代表する人ばかりでした。
 
その中の一人が、和食の店「田しろ」のオーナー、
 
熊本県調理師会の会長を務める田代眞悟さんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
当時は田代さんとは初対面だったのですが、
 
その後我が社の料理顧問みたいな立場になっていただき、
 
商品開発の面で味や作り方の指導をいただくことが
 
できるようになったのは望外の幸せでした。
 
 
 
イケショクHP お知らせ 和食セミナー
 
 
 
 
長年調理師一筋に歩んで来た方だけあって、田代さんの料理する時の
 
段取りや料理しながらの後片付けの美しさには、社員一同感激したものです。
 
そして、我が社の新製品が新しい味付けにより、
 
これまで以上にお客さまから評価されるようになったことを実感しています。
 
これからも、社外の多くの人からのご協力を得ながら、
 
他にない美味しい商品を作り続けていきたいと思っています。
 
 
 
 
 ご紹介『懐食 田しろ』 
 
 
 
和食、懐石・会席料理、郷土料理(その他)
熊本県 熊本市中央区 城東町 2-6 モアーズ3ビル 1F
 
 
 
 
 
読んで頂き有難うございました 
 

「くまもと「食」の大地 親善大使」より

 

 私が蒲島熊本県知事より

「くまもと「食」の大地 親善大使」

を委嘱され、既に一年半が過ぎました。

 

この間、大手食品メーカーと県の橋渡し役として、

県産品を使用した新製品の誕生にたびたび関わることができました。

また、くまモン名刺を県外の人に配って

熊本県の宣伝に一役買う事もできました。

 

ただ、本番はこれからだと思っています。

 

私の願いは、九州や熊本の

豊かな自然環境に育まれた農林水産物を使って、

付加価値の高い食品を自ら開発し販売することです。

熊本はかつては肥後という54万石の雄藩であり

加藤清正から細川家に連なる歴史文化は、

世界的にも注目されるほどの蓄積があります。

 

こうした知的財産を現代の衣装に包んで、おしゃれで美味しく、

かつ安全な商品を世に送り出せたならば

こんな嬉しいことはありません。

 

幸い、今年になって、弊社には女性だけのチームを含めて

五つの商品開発チームが始動しています。

チームリーダーの平均年齢は一世代若返りました。

 

私が密かに思っていることは、これからの革新の担い手は、

よそ者・若者・女性ではないかということです。

 

今後は、この欄を通して、地元の宝を情報発信していきたいと思っていますので

 

どうぞよろしくお願いします。

このページの先頭へ戻る▲