くまもと「食」の大地 親善大使より

トップページ > くまもと「食」の大地 親善大使より

くまもと「食」の大地 親善大使より

熊本県調理師会会長 田代さん

 

一昨年に熊本県の蒲島知事より、県の
 
「くまもと「食」の大地親善大使」に
 
任命されたのは、私を含めて8人でした。
 
8人それぞれが業界を代表する人ばかりでした。
 
その中の一人が、和食の店「田しろ」のオーナー、
 
熊本県調理師会の会長を務める田代眞悟さんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
当時は田代さんとは初対面だったのですが、
 
その後我が社の料理顧問みたいな立場になっていただき、
 
商品開発の面で味や作り方の指導をいただくことが
 
できるようになったのは望外の幸せでした。
 
 
 
イケショクHP お知らせ 和食セミナー
 
 
 
 
長年調理師一筋に歩んで来た方だけあって、田代さんの料理する時の
 
段取りや料理しながらの後片付けの美しさには、社員一同感激したものです。
 
そして、我が社の新製品が新しい味付けにより、
 
これまで以上にお客さまから評価されるようになったことを実感しています。
 
これからも、社外の多くの人からのご協力を得ながら、
 
他にない美味しい商品を作り続けていきたいと思っています。
 
 
 
 
 ご紹介『懐食 田しろ』 
 
 
 
和食、懐石・会席料理、郷土料理(その他)
熊本県 熊本市中央区 城東町 2-6 モアーズ3ビル 1F
 
 
 
 
 
読んで頂き有難うございました 
 

「くまもと「食」の大地 親善大使」より

 

 私が蒲島熊本県知事より

「くまもと「食」の大地 親善大使」

を委嘱され、既に一年半が過ぎました。

 

この間、大手食品メーカーと県の橋渡し役として、

県産品を使用した新製品の誕生にたびたび関わることができました。

また、くまモン名刺を県外の人に配って

熊本県の宣伝に一役買う事もできました。

 

ただ、本番はこれからだと思っています。

 

私の願いは、九州や熊本の

豊かな自然環境に育まれた農林水産物を使って、

付加価値の高い食品を自ら開発し販売することです。

熊本はかつては肥後という54万石の雄藩であり

加藤清正から細川家に連なる歴史文化は、

世界的にも注目されるほどの蓄積があります。

 

こうした知的財産を現代の衣装に包んで、おしゃれで美味しく、

かつ安全な商品を世に送り出せたならば

こんな嬉しいことはありません。

 

幸い、今年になって、弊社には女性だけのチームを含めて

五つの商品開発チームが始動しています。

チームリーダーの平均年齢は一世代若返りました。

 

私が密かに思っていることは、これからの革新の担い手は、

よそ者・若者・女性ではないかということです。

 

今後は、この欄を通して、地元の宝を情報発信していきたいと思っていますので

 

どうぞよろしくお願いします。

このページの先頭へ戻る▲